スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15:26

P1000375.jpg

大船渡駅前近くの岩手銀行の向かいにある

小さな小さな公園だったところにあった

時計です。

15:25か26を指しています。

15:25か26にはあの時計がとまってしまう高さにまで

波が到達していたということなのでしょうか。。。




スポンサーサイト

エピ その3

自宅の2階にいた。

どーんという音とおもに

100メートル近く流された。

ある鉄骨の建物にひっかかった。

波がひいたときに

逃げ、そこの2階にいた

足の悪い人を一緒に

高台に避難させ

助かった。

自宅の2階にいて

流され どこかでひっかかり

助かった人は何人かいると

人づてに聞いた。

それとは反対に

津波がきたと

聞いて

逃げようとして

1階におり

玄関からでたところで

津波にのまれた人も

何人かいる。







エピ その2

アルバイトにきている高校生

警報をきき

高台に逃げた。

堤防をこえたと聞き

波がみるみるうちにふくれあがった。

目の前で

「助けて、助けて」

と叫ぶのを

ただ見ているしかなかった。

何もできなかった。

助けてという人の声が

耳に残って離れない。

そういう彼女の表情は何といっていいのか。。

見ている方が辛いと店主がいっていた。





こんなだった

こんなだった。その1

パートにでていた。

ものすごい揺れで 幹部以外

即帰宅。

自分も帰った。

川の方をふと振り返ると

堤防をこえてくる黒い物体が

みえた。

命からがら 高台を目指しぎりぎり助かった。






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
被災地の企業よろしければ応援お願いします。かもめの玉子 さいとう製菓さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。