スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.11 警報が鳴り響く釜石

警報鳴り響き 津波が街を破壊していく様子

釜石は宮古、山田、大槌、大船渡、陸前高田と比較してみると

異なった地形をしている。

鉄の街というだけあって、岩盤がむき出しになっているところが多い。

そしてリアス式であっても 平地が極端に少ないところも特徴である。

街が ひとでのような形をしている。

遠野へいくのも、宮古へいくのも、大船渡へいくのも トンネルをとおらなければならない。

そのせいか、被害が大きかった 大渡町や浜町には 鉄筋鉄骨の4階以上のビルが多い。

1,2階部分は破壊されても、3,4階に逃げた人は助かっているケースがある。

宮古方面の鵜住居は 陸前高田のような地形をしていて

80%以上の家が津波によって破壊され、だだっぴろい平地のようになってしまっている。

唐丹は 高台の家は 助かったが、小学校は3階まで津波に襲われ全壊である。

荒川にいたっては高台の家まで 全壊で いかに津波がすごかったのか

容易に想像ができる。

鈴子の一部は浸水し、中妻から遠野方面は津波の被害はなかったようだが、

古い建物が多く、地震で壁がくずれている家屋が みられた。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
被災地の企業よろしければ応援お願いします。かもめの玉子 さいとう製菓さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。