スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の陸前高田市は44人

'震災孤児 2011.03.24



震災孤児に全寮制一貫校 本県沿岸部に建設する構想
2011.04.01 岩手日報記事


地震の時間が2011.03.11の14:46ではなく、1時間おくれの15:36だったら

もし土日だったら 震災で犠牲になる人はもっともっと多かったかもしれない。

14:46は5時間授業だったら 帰りの会の時間だ。

そのおかげで多くの子供の命が救われたのも事実だとママ達はいっている。

しかし、地震後 おじいちゃまや仕事を早退して迎えにこられた生徒や親御さんが犠牲になっている。

お隣の陸前高田市は 両親が亡くなった子供が44人もいると聞いた。

42人は親戚のおじさんやおばあちゃま、おじいちゃまと一緒に生活すると

もっぱらおばちゃん情報であるが、残る2人が全く身寄りがなく

施設に入ることになるのかも......といっていた。

どうなってしまうんだろう。

新聞や報道では ソフトバンク社長の孫さんが

震災孤児のことを とても心配している、

全面的に支援したいみたいな記事もみた。

岩手県知事(外務省出身)の達増知事も震災孤児の

ための全寮制の小学校から高校(中学かも)までの施設の

設立を検討しているとのような記事を岩手日報で

読んだ。

何かできればいいけど、いまの私にはこうやって皆に知ってもらうこと以外
できない。

孤児になる。

どんなにどんなに辛いだろう。なんて表現したらいいのかわからない。

岩手日報 2011.4.24 震災孤児 就学支援へ基金 県が方針
これは 人ごとではない。

我が子もそうだったかもしれないのだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
被災地の企業よろしければ応援お願いします。かもめの玉子 さいとう製菓さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。